過去の宿題

土曜昼頃から雨ということで早朝下呂。

6時頃現着。

目的の岩は、下部が水没していてアウト。

比較的晴れの日が続いていたように思えたが、こればかりは読めない。




安定のワールドロック。

プレセム、アンセムニアの練習などやるがいまいち。




まだ登っていないラードや、カレーのちを登ろうと思い急いでエリア移動。

ドーラには先客がおられた。



急いでラード2Dをトライ。

あらかたムーブは覚えていたのでホールドを確認。

すると雨…。

しかも旧に強雨。

急いで撤収!




河原のエリアはアプローチの岩の上も濡れてしまうとかなり危険。

心も体もお寒い感じで車に戻った。



帰って何するかなっ〜と、思いながら猛烈な眠気で道の駅でダウン。

暑さと眩しくて目覚める。

空は快晴だった。

路面も乾きだしていたので戻ってみることに。




18時頃現着。

ドーラ、ラードの岩はなんとか乾き始めていた(思い込み)。

使う箇所だけタオルで拭いたり、ティシュを詰めたり。

中間部のホールド1個はだだ濡れであきらめた。



あたりは霧が見えなくなりマイナスイオン満点。

湿ったホールドを辛くも押さえ込みムーブの確認。

気持ち悪いが何とかなりそう。



日が落ちていく分涼しくなってきたのでもうしばらく待つ。

少し風も出てきてコンディションもマシになってきた。



3トライ程で登りきれた。

上部が(下部もだけど)マジでスッポ抜けそうだったけど登れて良かった。

なかなか集中していたな。




IMG_2821_convert_20170417212836.jpg




大昔に登れていなかった課題だけに嬉しかった。

しかもこのコンディションとタイミングで。




”行ってみないと分からない”とは言うけどもこれは吉とでたパターンかな。

限界グレードを登れるのがベストクライムかもしれないけれど。

その日、その状況下の中で全力トライをすることも大切だ。



当たり前のことだけど気持ちが甘いときが多い。



車までのアプローチは暗かったのでかなり彷徨う。

クライミングも含め中々のアドベンチャーだった。





昨日は天候も回復しマットの日干しもできた。

春がやってきたと思いきや、春も終わりかな。



また行こう。

スキ間

下呂へ。

前日の雨が心配、というかこの日も名古屋は雨が降っていた。


通過する美濃加茂や白川も雨。

なぜか金山を過ぎエリアぎりぎりのところで雨は降っていなかった。




11時過ぎにエリア着。

この日はITR 4Dをやることに。

久々の赤ガメエリア。



改めてITRを見るとシンプルで良い課題だった。

昔できなかった1手目は全く問題なく止まった。

問題はそこから…。




1手目止めたフルスパンの状態から足位置と出る方向の悪いランジ。

足位置と発射する方向が合っていない感じ。

距離はそれほどでもなんだけれど。

おまけにランディングが悪い。




何回か感じがつかめたところで思い切ってランジ!

見事あらぬ方向へ振られ岩のすき間へ。

岩に脛をかすめかなりひやっとした。




完全にヒヨり敗退。

初手も止まらなくなってしまった。

なんだかんだで1手目も悪いんだな。




IMG_2790_convert_20170405220515.jpg




強風にあおられカメラも水没してしまう有様で…。





その後ワールドロックに移動。

アンセムニア 4Dは下部のムーブが解決出来た。

しかしここから繋げるのはかなりハードそう。




最後はマズメ 3Dのムーブをバラし終了。





ITRにしてもそうだけど過去の課題と向き合えるのも岩の魅力だな。

そのはず。

これらの課題は何とか今シーズン中に登りたいな〜。



週末の予報が悩ましい…。

また行こう。

転戦

天気とにらめっこして行き先を恵那へ。

先週のリベンジ。



名古屋を出たあたりで空は曇りがちで良い感じ。

風もあって冬型。




限界の数のマット背負ってエンパシー3Dへ。

改めて上部を確認すると中間部がうまく繋がらない。

フェイスに入ってカンテ際そしてフェイスに抜ける感じ。

顕著な水平なガバ棚は思ったほど使えないようだ。



繋げ1トライ回目で力んでしまい横の岩に背落ち。

打ち所が良くて助かった。


その後何度か中間部で落ちたけど登れた。




フレーム-26-03-2017-11-49-04



かなり集中できていた。

スタートから岩の上まであまり良く覚えていない。

改めて動画を見てみるとすごく短い時間で登りきっていた。



こういうクライミングができるのは年に何度もないな。

ここまで集中することもあまりあることではない。




まだまだ登りたい岩はあるけど今シーズンの恵那は一区切り。







時間もあったのでその足で下呂。




目的の岩に行くとちょうどDさんたちがいた。

ちょうどプロジェクトを登った直後だった。




他のラインも含めて色々と教えてもらった。

その後ゴエティアを改めてトライ。

初手のブームを試行錯誤するも厳しい。




IMG_2773_convert_20170326211028.jpg




足位置を色々調整すると距離は出るようになった。

1手目のピンチスローパーに届くも体がはがされる。

まだまだ時間がかかりそうだ。

少しずす触っていこう。




その後ワールドロックに移動。

Dさんのトライの合間にアンセムニア。



ご指導のおかげて随分とイメージができた。

暑くなるまでになんとかしたい。




先週の連休と同じ工程を1日で…。

我ながら呆れるけどやれる時にやらないと。




とても充実した1日だった。

連休まとめ

連休のまとめ。

初日は恵那。

猪待ちエリアの奥に行ってみることに。



エリアは思ったよりも開けていて日当たりも良い。

天気も良いので暑く感じるくらいだった。



万力をやってみたかったけど最初に目についたのはエンパシー。

ハイボールながらとてもカッコいいラインだ。




IMG_2760_convert_20170323224424.jpg



万力は探しまわっても見つからないんでエンパシーにトライ。

この課題やるマットを準備していないんで上部が突っ込めず。

この岩日当たりも良好なんで。




昼過ぎから曇ってきてコンディションが良くなってきた。

その頃には身体もヨレ…。



後ろにあったハナ2Dをかなり必死になって登った。

あまり登り込んでいなかったから体力が落ちてるかも。



エンパシーはちゃんと準備してまたやりに行こう。







連休最終日は下呂。

D先生も下呂入りしているとのことなので。

ワールドロックのプレセムから。



風もあってとてもいい状態だった。

しかしムーブは難しい。



新作にトライすべく移動。

ここでD先生とIK子ちゃんに再会できた。



プロジェクトの面々の噂話等を聞きながら。

新作のゴエティアをトライ。

というかものすごくいいラインだった。

これは登りたいな〜。


身体もヨレヨレだったけどD先生と再びワールドロック。

全くできなかったムーブをD先生は容易くサクサクと…。

改めて強いな〜と感じた。



できている人の動きを見るとイメージが良くなるもので。

ムーブや足の位置とかも教えてもらえてとても良かった。

クライミングの方はDプロから。




そんでもって撮影の方もIK子プロ。

登っている写真をもらった〜。

ありがとう!



IMG_2762.jpg



プレセムトライしている風〜。

まだ初日なんでこんなもんだろう。

少しずつムーブを作っていこう。

全く歯が立たない訳でもない。



この日は両プロと過ごせてとても楽しかった。

滞在中またご一緒できたらな〜と思う。



ありがとうございました〜。

春半ば

この日も里エリア。

少し雪が降ったようだけど、好天が続いていて岩も乾いていた。




バンガランへ。

いつものスタートのしみ出しも無く。

この日は風も強く条件は最高。



しかし初手が止まらず…。

前回はまぐれだったのかな〜。


気合いも空回り。

手首も怪しいんでこの日はあまり追い込まず。



帰りがけにあったカケナガシ1Dを登って終了。



フレーム-16-03-2017-09-28-40






見た目より悪かった〜。



ぼちぼち頑張ろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。