そろそろ春かな

週1外岩継続中。

この日も恵那の里エリア。


すごく暖かくて日なたは暑く感じるくらい。


まずはバンガラン。

1手目は止まったけど。

その体勢から全く動けず…。


フレーム-08-03-2017-08-58-48





左手を最後まで引くのともう少し足で耐えないとダメかな。

もう少し粘ってみよう。




この日はその上のツェバーバ初Dを登って終了。

また行こう〜。

リハビリ再び②

週末はまた恵那の里エリア。

この日は昼から。

岩登りは楽しいな〜。



IMG_2733_convert_20170301233008.jpg



ずっと宿題だった初Dも登れ満足。



他にも収穫ありで。



また行こう〜。

リハビリ再び

完全に手首をやってしまいしばらくクライミングをお休みしていました。



整体やら鍼やら色々と試みましたが、 安静にしているのが一番ですね。



今週もやや痛みが残るので少し迷ったが昨日は恵那へ。



まずは残置マットの回収へ川エリア。

年末から通って常世はムーブも少しずつ解決出来てたんだけど上部のクラックが…。

ジャミング+レイバック共に完全に手首にきてしまった。

現世の方が感触が良かったかな。




この日は里エリアで簡単な課題を登った。

天気も良くとても気持ちが良かった。



合間にバンガラン(4〜5D)にもお触り。



IMG_2724_convert_20170220211857.jpg



バンガラン。

小粒ながらハードで面白い。

しばらく登ってなくても何とかなるもんだ。



この日は15時には終了。




残りシーズンは週末だけ外に行こうかな。

痛みが増したきっかけもなんだかんだでジムだし。




難しい課題が登れなくても少しでもクライミングが出来た方が良い 。

登れなくてフラストレーションが溜る、 というよりも痛みでクライミングしようという気にもならず。

休んでた期間は、 ランニングをしたりDVD見たり地下アイドルの追っかけをしたり …。



しかしながら週末の岩は自分の生き甲斐なんだなと、 久々に登って感じた。

来る年2017

年始は元日から恵那の里エリア。

元日からゴシックが登れた。



晴天が続いていたのもあり抜群のフリクション。

左のカチもかなり持てるようになっていた。


遠い1手を止めた後もなかなか悪くリップへの1手はかなりシビれた。




フレーム-05-01-2017-07-48-09_(1)_convert_20170105200306




新年早々最高のスタート。





意気揚々で入滅、滅度の岩へ。

ここも2手目に大進展があり更にテンションUP。

このムーブも解決出来そうな感。




少し休んでふと隣の寂滅のラインを見上げると大きな違和感…?

近づいてみるとさらに違和感が…。




最高な1年のスタートが…。

腑に落ちない疑問にぶつかり…。

ゴシックが登れた喜びも、新しい目標のムーブ解決の手応えも半減…。




気のせいだ思えば気も楽になるんだけどな〜。

登ってしまった課題だし自分の中で黙殺しておけば良いとも思ったが、

色々な関係者に相談しつつ判断をしたいと思います。




岩登りって難しいし危険な部分も多い。

自然と対峙していく事は自分自身で制御が出来ないところも多く。

肉体や技術そして判断力。

様々なところを向上させて、それを克服していくのがクライミングの魅力であり楽しい部分でもある。





そういうモチベーションがある限りまだまだ登り続けていけそうだ。

今年も良い岩と良い仲間、そして良い登りができる1年になりますように。

忘年

金、土と忘年会があり。

サラリーマンの宿命ですね。

日々忙しく過ぎていくけどたまに職場の人たちと交流を深めるのも良いものだな。




寝坊気味でこの日も恵那。

朝は気温は低め。

里エリアに行くと駐車場はほぼ満車。




途中ちらほらクライマーがいたが上のシュテンの辺りに行くとほとんど誰もいない。

皆どの辺で登っているのだろう。

日当りも良いせいかやたらヌメる。

酒のせいかな〜。

さんざん寝たのにかなり眠い。

酒のせいかな〜。




あまり登る気にもならないので少し散歩。

エリアを上に上がっていくと岩がちらほら。

更に上にいくとしし待ちエリアだった。





空身のせいもあるけどそれほど距離が無いんだな〜。

ししまち右っぽいエリアに見つけて歩く。

ヤタノカガミらしき岩を見つけた。

日陰なんでやりたい衝動に駆られたが道具は下に。

万力を見つけられなかったのが残念。





里エリアに戻ると昼をとっくに過ぎていた。

温かいけどシュテンをトライ。

2手目の遠い1手が難しい。

かなり強度があるな。

2手目は力の入れ方のコツが分かってきた。

エッジを取ってからもも少しフリクションが良い日じゃないと厳しそう。

あまり深追いせずゴシックへ移動。




相変わらすハング内のカチが保持出来ない。

半信半疑でトライを重ねると左手のカチがいきなり持てるようになった。

そうなるとスイッチON!

右手のピンチにも出が届く。




これはいけると気合いのトライ。





フレーム-19-12-2016-09-33-40






思い切り引きつけ右手を出す。

手がかかったと思いきや体が吹っ飛んだ…。

手応えがあっただけにしばし呆然としたが要するにもっと固めて取りにいかないとダメなんだな〜。

体が暴れてしまっていた。

このトライで人差し指に亀裂が入ったんで深追いせず。

序盤漫然なトライをしていたのがだめだったと反省。





その後は滅度、入滅へ。




FullSizeR2_convert_20161221214932.jpg





色々とムーブを探っていくのは楽しいな〜。

この岩はスケールもあってかっこ良い。

手首にも負荷がかからないので続けてトライしてみよう。

中間と抜け口は少し遊べた。





途中連絡をとってみた相棒は相当頑張っていたようで…。

またリベンジだ!