10'夏休み②

さて一夜明けて、何とか晴天。

前日の雨もあるんでゆっくり朝を迎えます。

飲みすぎて二日酔い気味ってのもあるが。



DSCN1962_convert_20100817230120.jpg



朝ヨガに興じる人々。

さすがに俺は無理だな~。




今日は登山道エリアへ。

歩くとすぐにボルダー。

瑞牆は無限です。



DSCN1968_convert_20100817230345.jpg



一つ気持ちいのが登れたんで満足。

意外な感じだったな~。

むしむししてたけど岩の上に立つとやっぱ気持い。

ふかふかできれいな苔と、美しい葉っぱが待ってくれてました。



DSCN1970_convert_20100817230649.jpg



この感覚が心地よくて今まで続けてきたんだな~。

登る前の緊張と高まる集中力。

日常の生活ではなかなか味わうことができない。

それを求めてきた訳です。





濡れてる岩も多かったんで瑞牆山に登ることに。

何となくだったけど登って正解。



DSCN1973_convert_20100817230848.jpg



ところどころに巨大な岩が。

オブジェのようで不思議。

標高が高くなるにつれ湿度も下がり空気もひんやり。

ごろごろ転がる岩をまたぐように登って。



DSCN1976_convert_20100817231311.jpg



光の射すトンネルの向こうが頂上でした。



DSCN1984_convert_20100818000506.jpg



山頂付近は岩のタワーが。

こんなスケールの岩をいつかは登りたいね。



DSCN1979_convert_20100817231544.jpg


だいぶ足にきたけど最高でした。




充実した夏休みを良い仲間達と迎えられてホントに良かった。




ここんとこクライミングをする時間がめっきり減って、それも仕方が無いことなんだけど。

久々に純粋な気持ちで岩と向き合うことができました。

山、緑、そして岩はいつでも私を受け入れてくれます。

そしてそれを通じて出会った仲間達も。

すごく楽しかったです。

岩を通じた思い出、そして岩を通じての出会いをこれからも大切にしたいと思いました。

そしてそれをこれからも楽しみたい。

やれるまで続けます。

もうちっとピリッとしたの登りたいしね。



新しい価値に向かって歩んでいるのだけども、今まで培ってきた“価値”ってのもやっぱ大切だよね~。




よし!また行こう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title


ホント楽しかったね★
私も、またみんなと行けて嬉しかったな。
果てしないクライミングの船旅~♪どこまででも一緒だゼイ!!

瑞牆ではども
楽しい時間をあざぁーした。

No title

あさん

いや~久々にマジ楽しかったっす~。
クライミング・・・最近してないような・・・。
山はイイですね!



僕さん

どうも!
こちらこそとても楽しかったです。
いろいろ付き合ってもらって恐縮です・・・。