過去の宿題

土曜昼頃から雨ということで早朝下呂。

6時頃現着。

目的の岩は、下部が水没していてアウト。

比較的晴れの日が続いていたように思えたが、こればかりは読めない。




安定のワールドロック。

プレセム、アンセムニアの練習などやるがいまいち。




まだ登っていないラードや、カレーのちを登ろうと思い急いでエリア移動。

ドーラには先客がおられた。



急いでラード2Dをトライ。

あらかたムーブは覚えていたのでホールドを確認。

すると雨…。

しかも旧に強雨。

急いで撤収!




河原のエリアはアプローチの岩の上も濡れてしまうとかなり危険。

心も体もお寒い感じで車に戻った。



帰って何するかなっ〜と、思いながら猛烈な眠気で道の駅でダウン。

暑さと眩しくて目覚める。

空は快晴だった。

路面も乾きだしていたので戻ってみることに。




18時頃現着。

ドーラ、ラードの岩はなんとか乾き始めていた(思い込み)。

使う箇所だけタオルで拭いたり、ティシュを詰めたり。

中間部のホールド1個はだだ濡れであきらめた。



あたりは霧が見えなくなりマイナスイオン満点。

湿ったホールドを辛くも押さえ込みムーブの確認。

気持ち悪いが何とかなりそう。



日が落ちていく分涼しくなってきたのでもうしばらく待つ。

少し風も出てきてコンディションもマシになってきた。



3トライ程で登りきれた。

上部が(下部もだけど)マジでスッポ抜けそうだったけど登れて良かった。

なかなか集中していたな。




IMG_2821_convert_20170417212836.jpg




大昔に登れていなかった課題だけに嬉しかった。

しかもこのコンディションとタイミングで。




”行ってみないと分からない”とは言うけどもこれは吉とでたパターンかな。

限界グレードを登れるのがベストクライムかもしれないけれど。

その日、その状況下の中で全力トライをすることも大切だ。



当たり前のことだけど気持ちが甘いときが多い。



車までのアプローチは暗かったのでかなり彷徨う。

クライミングも含め中々のアドベンチャーだった。





昨日は天候も回復しマットの日干しもできた。

春がやってきたと思いきや、春も終わりかな。



また行こう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント