忘年

金、土と忘年会があり。

サラリーマンの宿命ですね。

日々忙しく過ぎていくけどたまに職場の人たちと交流を深めるのも良いものだな。




寝坊気味でこの日も恵那。

朝は気温は低め。

里エリアに行くと駐車場はほぼ満車。




途中ちらほらクライマーがいたが上のシュテンの辺りに行くとほとんど誰もいない。

皆どの辺で登っているのだろう。

日当りも良いせいかやたらヌメる。

酒のせいかな〜。

さんざん寝たのにかなり眠い。

酒のせいかな〜。




あまり登る気にもならないので少し散歩。

エリアを上に上がっていくと岩がちらほら。

更に上にいくとしし待ちエリアだった。





空身のせいもあるけどそれほど距離が無いんだな〜。

ししまち右っぽいエリアに見つけて歩く。

ヤタノカガミらしき岩を見つけた。

日陰なんでやりたい衝動に駆られたが道具は下に。

万力を見つけられなかったのが残念。





里エリアに戻ると昼をとっくに過ぎていた。

温かいけどシュテンをトライ。

2手目の遠い1手が難しい。

かなり強度があるな。

2手目は力の入れ方のコツが分かってきた。

エッジを取ってからもも少しフリクションが良い日じゃないと厳しそう。

あまり深追いせずゴシックへ移動。




相変わらすハング内のカチが保持出来ない。

半信半疑でトライを重ねると左手のカチがいきなり持てるようになった。

そうなるとスイッチON!

右手のピンチにも出が届く。




これはいけると気合いのトライ。





フレーム-19-12-2016-09-33-40






思い切り引きつけ右手を出す。

手がかかったと思いきや体が吹っ飛んだ…。

手応えがあっただけにしばし呆然としたが要するにもっと固めて取りにいかないとダメなんだな〜。

体が暴れてしまっていた。

このトライで人差し指に亀裂が入ったんで深追いせず。

序盤漫然なトライをしていたのがだめだったと反省。





その後は滅度、入滅へ。




FullSizeR2_convert_20161221214932.jpg





色々とムーブを探っていくのは楽しいな〜。

この岩はスケールもあってかっこ良い。

手首にも負荷がかからないので続けてトライしてみよう。

中間と抜け口は少し遊べた。





途中連絡をとってみた相棒は相当頑張っていたようで…。

またリベンジだ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント