リハクラ⑥

この日は久々に下呂へ。


目当てはワールドロックの新課題。

下呂を訪れるのは久々。

名古屋からだと下道で結構距離があるな〜。

しかし初めて通る道は新鮮で景色も良い。

次第に景色はのどかな感じになっていく。




飛騨川沿いは紅葉も綺麗で快適なドライブだった。

気付くとワールドロックを通り過ぎてしまいUターン。

当時はデカいと思っていたワールドロックも手頃なサイズだ。




周辺の岩やヒップアタックなどでアップ。

河原のつるつるな岩もまた久々で1人ではしゃぐ。




今回のお目当てはアンクルサム。

昔登ったプレジのSDバージョン。

当時はこのスタートは見えなかったな〜。

奥から来るネハンナは何となくホールドは続いていて、全く不可能だったけどワールドクラスの課題になるな〜と。

dai先生は流石ですね〜。





人もおらず岩も独占。




まずはプレジのおさらい。

フリクションがなくやたら力んでしまう。

joeさんと昔ナイトで登った以来だしかなりムーブもあやふや。

必死こいてリピート。

これは最後まであなどれないな〜。



しかし良いラインだな。

当時を思い出す。




SDからプレジまで2〜3手程で何となくムーブも出来る。

いざSD。

しかしこれは離陸が悪い。

スタートしてヒールかけるんだけど思いのほかスタートホールドが悪い。

もぞもぞ四苦八苦してるとコツが分かり出来るようになった。




IMG_2612_convert_20161201221303.jpg




プレジへの合流部でヒールが抜け上手くいかない。

何回かやれば繋がるだろうと休憩を挟みトライを続ける。




ここでクライマー1名いらっしゃった。

どこかで見たような。

おもむろにプレセムのラインを触りだしたのであのO川さんだと確信した。

1度鳳来で会った事を覚えてくれていたようで。




O川さんのマシンガントライに触発されこちらもトライ。

何度も同じところで落ちる。




スタート強度が強く指もヨレ…。

ホールドも鋭利なんで皮も裂け…。




今思うとムーブを曖昧に組みたてていたのがだめだったな〜。

これくらいの難易度になるともう少しシビアにならないと。




次回はここのムーブを作り直し再トライだな。




最後にプレジをもう一度登り、O川さんに挨拶をして終了。

O川さんはプレセムのムーブをさくさく作っていた。

アンクルサム登れたらこちらもやってみたいね。





良い目標が出来たんでまた行こう。

年内には登りたいな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント