Bishop②

こちらに来て登って印象的なもの。

11日
Green Wall Center(V6) FL
The Hunk(V2)

12日
Bubba Gump(V10) 3try
Bowlling pin(V4)
The Checkerboard(V8) 2try



バターミルクの課題は岩のスケールがでかい。
岩の弱点を登る課題もあり下降に手こずることも。
周りに木とか無いし、岩が独立していたり。
チェッカーボードも1人でやってたら下降も大変だったなーと。




12日は午後からハッピーボルダーに移動しました。
出国前から気になっていた課題が、幾つかあったので後日の為の下見も兼ねて。

夕暮れ間近、少し気温も下がってきたので少し登る事に。
とあるランディングが悪い名課題。

1手目で左手リップ取りでフォール。
もう少し攻めれば登れた。
それと上部て落ちてもコントロールできていれば、危なくなく着地できる。

辺りが暗くなってくる。
少し焦り〜。
2日登っている疲れも感じてきていた。

ただ1回目の感じだと次でいけるな〜と。

2回目先ほどと同じリップへの1手。
左手を引きつけた瞬間手がすっぽ抜けた。

右側の段差の下にフォール…。



上でミスったらここが危ないと思っていた箇所に、ピンポイントでマットを配置しておいた。
少し危ないこの課題を、1人でトライする上での下準備は万全だった。
ただフォールした際、段差の岩の角に左足のくるぶしを当ててしまいました。
くるぶしに数センチの裂傷と、くるぶしからふくらはぎにかけて大きな擦過傷を負ってしまった。



軽い打撲はあったももの、1人で歩く事が出来たしその後の薬等の購入や手当もスムーズに出来た。

翌日である本日13日は、昼食がてらbishopの街を散歩してモーテルにて安静。

色々と準備をしてきた今回のツアーの事を考えると、とても無念な気持ちで一杯。
普通に歩く事は問題は無いけど、爪先に強く荷重する事。
後は高い所からの落下。
不意落ちして左足から着地するのは痛みが伴いそう。

自分の意思以外での左足への衝撃は、耐えられなそうな感じ。
まぁシューズを履いて岩に取り付いてみないと何とも言えないけど。
細かいスタンスへの荷重や、ハイボール。
今ツアーでバターミルクでのクライミングは絶望的かな。

下見をしたハッピーでのクライミングは、低い岩や簡単な課題も豊富なんで残りの期間はそこで楽しもうかと。



今冷静に振り返ってみるとこの程度で済んで良かったな〜と。
頭とかをぶつけていたら。
岩はへんぴな所にあったし、日暮れ後エリアには人もおらず。
ましてや海外。

もう1つはこの怪我は1つの警笛だったなーと。
ツアー前にあれこれ登りたい課題があった。
中にはスケールの大きな岩も。
昨日この課題を登っていたら、気持ちも上がっていただろう。

マットもレンタルする予定でいたし。
躊躇なくスケールのある岩に1人でトライしてたはず。

バターミルクレベルで20℃越えする気温にも悩まされていたけれど。
ナイト装備も持ってこなくて良かった。
喜んで夜中も登っていたはず。



自分の身体と手元にある装備で、できる事をやるしかないね。
ただそこを振り切らないともう一段階前には進めないんだよな〜。




残りの期間もあるんでできる限りやってみたいです。

フィックスチケット、宿の予約が無ければ間違いなく今日帰国していただろうけど〜。



明日登れそうたっだらエリアに行ってみまーす。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント