Meaning of challenging.

初めてこの岩を見たのは何年も前に、Joeさんたちとドーラのエリアに初めて来た時だった。

その時はドーラやラードをトライしたりしていた。

ひときわ大きいこの岩は目についていたけれど、あまりの大きさにいざ登ろうとは思わなかった。



月日は流れまた下呂に行く様になり、ふとこの岩の事が気になった。

今なら登れるんじゃないかと。



過去にも瑞牆や下呂で、初登という経験は何度かはあった。

しかしさほど難易度の高いクライミングではなく、どれもその日の数回で登れるものだった。



今回のような大きな岩にラインを見い出し、整地をし(着地点岩を動かし整地をし、木を切りました)、掃除をする。

岩の裏の木で支点をとり、上部の掃除やホールドの確認(不意に欠けたり剥がれたりしないか)。

そしてムーブを作る。



いざトライをしてみるとムーブが出来なかったり、強度が高かったり、難易度の高いクライミングを要求されるものだった。

果たして登りきる事が出来るのか?という疑問を持ちながらのトライだった。

途中ホールドの大きな変化があった際は、もう出来ないのでは?という感覚もあった。

(その可能性も十分にあったのだけれど。)

今回はたまたま運が良かったのかもしれない。

違う方法を何度か試み、新しいやり方を見つけた。

よりライン取りも良いものになった。




後は設定したスタートから繋げて上まで登れるか。

ボルダーとして比較的大きなサイズの今回の課題は、必然的に手数が多かった(トータルで13手)。

内容としても劇的に悪い1手(自分としてはリップ奥に左手を飛ばす1手が1番強度が高いと感じた)があるというより、

出だし、中間、上部と比較的一定の悪さがあるムーブをこなし、高度を上げていくという内容だった。

トータルでそのムーブをこなしきる事が出来るのか。




ムーブが出来る可能性が解決した後は、恐怖感を克服するだけだった。

下部をいかにヨレずにこなし、いかに平常心を保ち1つ1つのムーブを間違いなく確実に遂行するか。



残された2つの問題を解決するのが、大きな課題だった。





<2017.12.24>



当日は曇りで夕方から雨の予報。

週間予報をみると来週からまた雪が降る可能性があった。

もう少しコンディションが良さそうな日を選びたかったけど決行。

色々と下準備がありそうなんで早めに出発。

下呂に着くと太陽も出てきた。



10時頃ドーラのエリアに着くと、大半の岩の上は濡れていた。



IMG_3315.jpg




この時期このエリアは日が当る事が無い。

トライするか迷ったが目的の岩まで行ってみた。



岩の高さのせいかフェイス面は乾いていた。

ただ上部は他の岩同様濡れていた。

年内最後のチャンスかな、という思いもあったのでトライする事に。

念のため持参したタオルで上部を乾かす。

最後に使う3箇所のホールドがびしょ濡れ。

上部からの染み出しを抑え、何度か拭いているといくらかマ シになった(結局トライ中もタオルは岩の上にのっけたまま)。



結局13時過ぎ位まで、タオルやチョークを使って上部を乾かした。

気温も少し上がり回りの岩もいくらか乾いてきていた。

突如下流から強めの風が吹き始めた。



濡れていた上部のホールドもほぼ乾き、コンディションもいくらか良くなった。



マットを配置し下部のムーブの確認。

しばらくおいて1回目のトライ。

上部でヒヨって降りた。



疲れた身体で上に突っ込むのは危険だと判断。

やってもあと1〜2回かな〜と考えていた。



長めに休んでいざ2回目。

下部をこなし高度を上げる。

左手遠いリップとり、そんで右手のカチ、左手を1つ送ったところで手がつりかけた…。

我慢して右足ハイステップ、ここではもう落ちれない。

右手でガバをつかんで足上げ。

後は慎重に岩の上へ。




何とか登る事が出来た。


フレーム-25-12-2017-09-08-47

(3手目のカチ取り)



フレーム-25-12-2017-09-08-12

(リップへの左手出し、ここからマントルまでが核心)



フレーム-25-12-2017-09-10-18

(最後の乗り込み)



これまでとは初登までのプロセスが全く違った。

費やした時間も労力的にも技術・精神的にも。



結果的にその2つの問題を解決し、岩の上に初登という形で立つ事が出来た。



出来るのか?という疑問を持ちながらのトライ。

未知で不確定な1手1手を出し続けるという事。

暴れる恐怖感を抑え岩の上に立つ事。

不確定なものが確信に変わった瞬間、クライマーとしての喜びを改めて感じた。

気力や体力があるうちに良い経験が出来た。

クライミングを続ける目的の一つは達成できた。



触った事のないルートのトライや、ハードな課題のリピートも楽しい。

しかしプロジェクトをトライしている時は格別なものがあった。



登れたら最高だろうな、嬉しすぎて叫ぶかな?

とか登れる前は思っていたけど。



登れて良かったという安堵感と、終わってしまったという喪失感が同時にあった。

もう少しこの岩にトライをしていたかった、という気持ちもどこかにあったのかもしれない。



グレードの話。

気持ち的には“UNGREDED”とか言いたいところだけど、散々色々言っといて目安を提示しないのも無責任なんで。

改めて考えるとざくっと2〜3段くらいかな。

トライしたのは掃除や整地などの準備を含め、約4日間。

うち1日はほぼ作業だったかな。



下呂のドーラ、ラード、あうん、アップニアなどの2段よりは確実に難しい。

高さのある直登系の課題では恵那のカマイタチやレッドブル、エンパシーあたりと同じくらいかな〜と。

(いずれも2日くらいで登ってるんでその辺よりは時間がかかっている。)



3段-、ってよりV10ってのがしっくりくる。

どでかい岩にラインをひく。

スケールのデカいクライミングができた。

岩の基部のガバからSDスタートです。



IMG_3320_.jpg




課題名は『HAKUJIN(ハクジン)』。



このような挑戦や経験をまたしてみたい。

もう少し難しくても楽しめそう。

数日経つと意識は次の岩や課題に向いている。



果たしてまた素晴らしい岩に出会えるか。

岩探しもしないとな〜。
スポンサーサイト

I concluded.

以前からトライしていたゲロックのプロジェクトが登れた。

ドーラのエリアの岩です。



DSCN0646_convert_20171225130606.jpg




IMG_3322.jpg



As for the next.

今週も出社が危ぶまれたが休めたんで下呂。

来週の山を越せば通常に戻りそう。

溜った代休や年末年始の休みがあるんで楽しみだ。

この日は寝坊することなく起きれた。


久々にお父さんロック。

日陰は寒い。

筋骨やゴエティアをやってみる。



筋骨は上部のアンダーポッケ取りが悪い…深追いせず。

ゴエティアは2手目ができる様になってたので良し…これも深追いせず。

林の中はどうも湿気っぽいかな。

パーマネントグリーンへ移動。

なんか上手い事身体が動かないのでパス。



寝過ぎか…。

溜った疲れが出てきたか、

たまにこういう時があるな。

車に戻ると京都からのお3方。

☆さんたちだった。

恵那の話など色々と情報交換。

ご一緒してパーグリに戻るかとも考えたけど、しっくりこなかったんで移動。


最終的には以前から掃除+トライしていたプロジェクトへ。

ムーブはあらかたできてる感じだったので今日は下部から。

あるあるだけど下部も思ったより悪い…。

色々試してよいムーブを見つけた。


そこから更に核心パートか…。

何度かトライをしてたらホールドががたつき剥がれた…。

初日の掃除の際足で踏み抜いてしまった大きなホールドが、更にもげてしまった。

どうもイヤな音がしてたんだよな。

トライ出来ないほどではないがそこから先のムーブを修正せざるを得なくなった。

もちろんそこを取るムーブも。

しかし上部はよりシンプルなライン取りになった。

これ以上のホールドの変化もない感じで、全体的に安定してきた。


こうなってくるとスイッチが入り〜

さっきまでの腑抜けっぷりは吹き飛び本気トライ。

繋げると全体的にヨレる…。

改めてやると下部でもゲキ落ち岩に腰を痛打〜


日も暮れてきたんでこの日は終了。

しかしずいぶんと登れるイメージが固まってきた。

こういう過程はとても楽しいな〜。

登れるかな、

登れると思うんだけど。


今日はこちらの岩に導かれていたのかな。


また行こうというとこだけど天候が重要そう。

天気予報をみながらだな。

また一段寒くなりそうなんで来週は一旦別エリアかな。


雪が積もらない事を祈りたい。

当てが…

週末は仕事なんで強行で下呂。


昼頃着も朝までしっかり雨が降っていたようで、期待はずれで岩は濡れていた。



林の中、パーマネントグリーンはもちろんずぶ濡れ。



夕方近くに様子見に行ったら乾いてたんでソドムとゴモラ。

何気に魚道クライマーだったTK君も。

ソドムの方は感触が良かったからまただな。


どうもこの2課題はいつも後回しになってしまう。

どこかのタイミングで本腰入れて登らないと(笑)。


日が暮れてワールドロック。

先行でクライマー。

またまた地元のhrさん。

下呂の方々はいつも温かく迎えてくれるので嬉しい。

いつもの様に諸々の練習だったけどここで小雨が…。

空は星が見えてたんだけど。


最近の下呂通いで気付いたんだけど、外岩でも親指って重要だな。

オープンで引っ掛けてホールドする傾向にあったから、あまり意識する事はなかったんだけど。

河原で独特なフリクションで形状が豊かな下呂の岩はそれがより顕著だと思った。

TK君のアドバイスもあってそれを再確認。

クライミングはシンプルで奥が深い。

仕事のも大きな波は来週の頭までとその翌週の半ばくらい。

やっと土日の休みが確保出来そうだ。


これからが楽しみ。


スキマ時間

急遽日曜休みになったんで下呂。

寝不足のせいか久々に熟睡。

10時近くまで寝て昼頃岩場着。



亀のエリアへ。

去年の秋~GW以降宿題だったITR。

このエリアは増水の影響を受けやすく、なかなか条件がそろわなかった。

ITRの岩もやや水の影響があったので、岩や木で足場を作る。




身体も暖まり周辺の岩で入念にアップ。

この一週間身体がなまりきっていたので。




そんでITR。




自分だと2手の課題。

初手が遠いサイドを取って、2手目がリップへ時間差ランジ。

なんだかんだでこのムーブで固まっていた。




2手目のランジの確認。

ランディング悪さが頭をよぎり、恐怖感で両手が外せず…。

片手だと距離が不十分…。

思い切って空中に身体を投げ出さないといけないのだが。




感触も悪くないのでリミッターを外しトライ。

十分悪い初手がギリギリ止まる。

ホールドを保持し直しランジの体勢。

行っちゃえという感じで飛んだ~。




フレーム-18-11-2017-11-22-11_のコピー_convert_20171118232435





かなり身体が後の方に出てしまったが、左手のフォローが間に合いリップをキャッチ!

短いながらも凝縮された課題だ。




その後ミドリガメ?のSDを少し触るも…。

スタンスがない。




あまり深追いせず移動。

これまた先週の宿題のアプニア。




アップニアの上部クラックからの染み出しがあって1箇所ホールドが濡れていた。

しかし他のホールドが全然持てる。

前回が雨上がりであまり良くなかったのか、この日のフリクションが良かったのか。

追い込んで練習してたのが良かったのか。

ラストの核心ムーブもすかすかできたんで繋げトライ。

1回目で登れた。




フレーム-18-11-2017-11-15-36_のコピー_convert_20171118232409





ムーブの組み立てが面白い課題だった。




仕事の疲れはかなり蓄積していたが、クライミングの疲労は登ってない分抜けていたのかも。

帰りの温泉後半年ぶりくらいに体重計ったら58k。

やたら身体が軽いはずだ…。





亀のエリアは岩が沢山あって面白いな。

SDとPもあるんでまた行きたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。