模索

翌週。

この日はこの時期にしては気温が高め。




某所で岩探し。

話を聞いていた通り凄い岩が見つかった。

また楽しみが増えた。

里エリア。

この日は日陰でもさほど寒くなく。

普段は触らないような岩で遊ぶ。

そんで上に移動。

この日は滅度から。

TM君とSunny君が居た。

2人は朝からたくさん登っていたようで。



滅度は相変わらず2手目の精度が悪い。

…。

TM君はスーパーな初段を気合いのトライで登っていた。

良い登りを見れてモチアップ。

一旦パンドラムに移動。

もしやと試したムーブ。


単発だが初めてランジが止まった。

下からこの体勢になれれば…。

その後TM君と一緒にトライ。

彼のトライを見てて、一旦放棄したムーブも再度試してみる。


非力ならそれなりに色々と模索しないとダメだな。

ただただ日数だけかけてても進展は無い。

より可能性が高いやり方をトライ毎に見つけていくしかないね。

自分ではそうしているつもりでも、やはり盲目になってしまう事があるようだ。

一人になったところでまた上に移動。

2手目以外は少し感触が良くなったかな。

実家帰ったついでに岩探し。

ぽつぽつとボルダーはあったが登りたい、って衝動にまでは。

優先順位はかな〜り低め。




IMG_3351.jpg




強い寒波がまた。

これ以上は雪が降らないで欲しいな〜。



スポンサーサイト

微々たる

年末は予定していた日に雨に降られたり。

温泉などに行って久々に家族とゆっくりした時間を過ごした。




年始は3日から始動。

恵那に向かうも気温は低い。

里エリアに行くとうっすら雪。

岩を登るには問題なさそうだ。




パンドラムに行くと先客が。

名古屋に来て何気にお初のK川さんだった。

アップをして一緒にパンドラムをトライ。



IMG_3345_convert_20180121145206.jpg




クライミング歴やほぼ同じ、年齢も同じ、岩好きという事もあって共通の話題も多く。

フランケンユーラやルートの話なんかも聞いて、行きたくなってしまった。

パンドラムはランジで飛び出す時の足の置き方などを教わり、感触が良くなった。



その後K川さんは移動。

1人でトライ。

日が陰ってくると寒さも増す。

色々と試行錯誤し右手の持ち方も修正。

ランジの左手も捉えだして振られるところまで距離が出始める。

身体が外に出過ぎてしまっているようで止まる事は無く。

結局この日は登れなかった。

1日パンドラムに阻まれ上の岩に上がることもなかった。

おかげで感触は良くなったけれど。



先週はさらに積雪。

里エリアにすら上がれるか躊躇したが。

寒すぎてクライミングどころじゃなかった。

出だしから出力を上げなきゃいけない課題は寒すぎだとキツイ。

2月は気温と相談して行き先を決めるか〜。

劇寒

今年の冬は寒くなるようで。

ホントに寒い日が続く。

この日は名古屋も明け方に雪。

かろうじて天気だけ良さそうな恵那へ。

寒いのはどこ行っても一緒だろう。

道中は雲が多く天候が怪しい。

恵那に近づいてくる頃には雲は無くなり、笠置山はすっきり快晴〜。

寒いけどフリクションは良さそう。

去年やってた課題が気になり上のエリアへ。

林道の日陰には雪がありヒヤヒヤ。


岩のもうっすら雪が積もっていた。

気温は0℃くらい(笑)。

フリクション抜群〜、というか何持ってるか分からん。

日陰は風が抜けるし居るだけで辛い。



トライもそこそこに里エリアに移動〜。

下は風もなくいくらかマシか。



まずはパンドラムに初トライ。

何度かやってると3手目のランジまではサクサク。

出先のポッケをとらえるもこらえきれず。

右手が耐えられん…。



IMG_3311_convert_20171218171555.jpg



ボルダーらしく良い課題だ。

最初からこっちに来てれば…。

最終的にランジ微修正。

次は良い勝負ができそうだ。

お次は滅度。

こちらも初めて2、3手目に進展があった。

イメージも昨年に比べ随分良くなった。

ただこちらは指皮無いと辛過ぎる。

色々と進展があって収穫があった。

寒い中行って良かったな〜。



やはり山のエリアは良いね。

景色もきれい。

こうなるとどうしても豊田は足が遠のいてしまうんだな〜。



あと何より手首が痛くないのが良い。

トライ回数は限られるものの、ある程度の追い込みにも耐えられる様になった。

ジムを封印してるのが良いのかな。

かれこれ10月位から行ってないけど(物理的に行けなかった)。

 

体重がやたら軽いのもそのせいか。

筋力(肉)は実際のところ落ちているんだろう。

登ってる感じはパワーが落ちてる感じもないし、暫くは岩場+ベーシックなトレーニングで。





次はこうしてみよう、とか。

あそこを修正すればもっと良くなるかも、とか。

色々と試行錯誤をするのは楽しいもので。


だいたいそれはクライマーの幻想というか妄想で終わってしまうんだけど、たま〜にそれが現実にフィットする時がある。

その瞬間がたまらなく心地良いし、その感度をもっと磨いていければもっと成長できそうな気もする。



また行こう〜。

しかしこの日は寒かった。

2017GW①

中飛び連休初日。

この日は午後から予定ががあったので早出で恵那。

肩の様子見をかねあまり負荷のなさそうなのを探す。

猪待ちエリアへ。



気温は低いが湿度は高めか。

登っていないバルボラ3Dを触ってみる。

キーとなるホールドが湿気ってる感じ。

パリパリならなんてことなさそうだが。



深追いせずホッチョセ2D。

前々から気にはなっていたので。



大きな岩をトラバースし左上。

手の届かないホールドは砂まみれ。

ムーブ確認をかね逆走しながら掃除。





後半はかなりの大掃除が必要だった。

難しいのは中間まででそこから先はホールドも大きく易しめ。

しかしこの辺一帯のホールドが全体的に湿気っぽい。



昼過ぎくらいになったら風も少し出てきていくらかマシになった。

繋げトライ2回目で登れた。

なかなか登りごたえがあった。



フレーム-03-05-2017-09-01-45







他にもやりたいのがあったが時間切れ。

すぐに雷雨も降ってきたので何気に危なかったな〜。



集中したトライで登れるのはやはり気持ちの良いものだ。

春半ば

この日も里エリア。

少し雪が降ったようだけど、好天が続いていて岩も乾いていた。




バンガランへ。

いつものスタートのしみ出しも無く。

この日は風も強く条件は最高。



しかし初手が止まらず…。

前回はまぐれだったのかな〜。


気合いも空回り。

手首も怪しいんでこの日はあまり追い込まず。



帰りがけにあったカケナガシ1Dを登って終了。



フレーム-16-03-2017-09-28-40






見た目より悪かった〜。



ぼちぼち頑張ろう。