Bishop⑤

20日の最終日。

念願のバータミルクに行くことができた。

傷の具合も良くなってきてるし、もう最後なんで構ってられない。




この日中にロスに戻り、レンタカーを返却しなければいけない。

余裕をみて岩場にいられるのも16時位か。

なんで8時前にモーテルを出発。



8時半頃にバターミルク。

この日は登りたい課題の一つサイゴンから。

しかーし日当たり良好のこの岩は、この時間で既にもうホカホカ。

もう少し早くくるべきだったか。




FL狙いなんでとっとと済ませよう。

しかしこれがどハマリで…。




トライ数と時間だけが過ぎていく…。

11時半頃エリアにうっすらと雲が。

風も何故か強く吹く。

今しかないと登った。

自分にとっては珍しいパターンだったな。

これでV6か~。




saigon (2016-02-25 9-45)




そのあと後ろの岩でセッション。

ここは日陰なんで涼しい。

皆がトライしていたV10の課題を登る。



DSCN0285_convert_20160225094922.jpg




その後Mandalaを少しやってStained Glass(V10)。

3トライぐらいやるも指皮がなさすぎて無理。

これもまたやりたいな~。



さらに移動してHigh Plains Drifter(V7)。

FL逃し2回目で登る。

これも登りたい課題だったからうれしかったな~。

しかしこれでV7か。





その後エリアでヘンリー君と。

約束していたマットを譲る。

このままBisopに住むと言っていたので、またの再会を約束。

ヘナヘナマットだけど存分に使ってくれ~。



指皮は限界だったけ1時間くらいあったので移動。

Get Carterという道沿いにある岩。



DSCN0286_convert_20160225094853.jpg



Seven Spanish Angels(V6)はFL。

これも面白い。




日陰の面のA Scanner Darkly(V12)をトライ。

これフレッシュだったら登れていたかもな~。




いよいよ時間がないので隣のGet Carter(V7)。

初手核心かと思いきやマントルも悪い。

決死の思いで登った。

ハマりかけたけど何とか登れた。

これでV7か~。

難しいのは除いて、触った課題は全部登れたので満足。




片付けをしているとAK代ちゃんとN君が。

これからまだ2週間ほど滞在できるとのことで、羨ましいかぎり。

時間が危ういので急いで準備。




DSCN0292_convert_20160225094820.jpg




さようならBishop。

色々とあったけれどまた来たいな~。

その為には色々と準備を進めないとね。



アメリカでのクライミング。

自然のスケールも含めてとても良かった。

こちらの人は、自然との付き合い方が上手だなと思いました。

アウトドアの概念が日本とは違うよね。

また行こう。






しばらくお休みします。









スポンサーサイト

Bishop④

日本に戻ってきています。

今のうちにブログ更新しておかないと後がなさそうなので。





18日は休み。




19日。

朝1でHappyへ。




ホントに直前まで悩んだけど、もう1回因縁のAtariやることに。

昨日くらいから気温も下がり朝は寒いくらい。

これくらいの気温をイメージしていたけど前半はハズレだったみたい。




数本登り1本ハイボールをやることに。

V3、心臓マーク×2。

何げにヤバかった。

このトライでAtariには大きな自信。





2016021789+024_convert_20160223212752.jpg




んでAtari。

無事1トライ目で完登。

フォールしたことが脳裏によぎったが何とか。




2016021789+026_convert_20160223213006.jpg



ここまで固執するのはどうかとも思ったけど。

ツアー中日にちをまたいでトライをした課題は、MandalaとこAtariでした。




最終日にそなえ昼からはKeough´s Hot Springs。

海外の温泉もなかなか気持ちが良いもんだ。

ゆったりできた。




夕方は山の方に車を走らせる。

夕景を眺める。

もうこういう光景を眺めるのも数日。

あと1日思いっきり登ろう。



Bishop③

鎮痛剤クライムの15日。



Happyボルダーへ。
大き目の靴を持ってきてて良かった。

さすがに岩の高い場所に来ると力が入ってしまう。
ゆるゆるとアップ。

このエリアは家族連れや子供達も大く、リハビリクライミングには良さそうだ。

課題を選べば人もマットも充実。




看板課題のThe Hulk(V6)はFL。




その後出来そうなのを探すも左足の動きは、色々と制限されてしまう。




日本人のグループが登場。



中にヘンリー君という、日本とアメリカの二重国籍を、持つ子がいた。
この日はほぼ彼と登っていた。



シットスタートからの2手核心のSlow dance(V10)。
気合を入れてトライ。
トップアウト部分はヘンリー君に命を託し、何とか登れた。




夕方近くなったのでHe Got Game(v12)をヘンリー君と。
タッパがいる感じの課題だけどできなくはない感じ。2日目に持ち越すか〜とも考えたけどやめた。




16日は痛みで休み。




17日も一応痛み止めを飲む。
経過は順調〜。
キズ薬も含め、アメリカの薬は良く効く気がする。



もう少し日程があればだけど、それは言えばキリがないんでね。



この日はSadボルダー。



1番奥のBeef Cake(v10)をやってみる。
これもさほど高くないので。



繋げが悪くかなりヨレたけど何とか登れた。



帰りにVONSでAK代ちゃんに会った。
バターミルクに行っていた模様で、この日は天気が下りで荒れる予報。
山の方は降っていた様だ。



この回復具合からだと最終日はバターミルクに行けるかな〜。



今日もクライミングは休み、そして登れる日程はいよいよあと2日。




残りをどうするか悩み中。




Bishop②

こちらに来て登って印象的なもの。

11日
Green Wall Center(V6) FL
The Hunk(V2)

12日
Bubba Gump(V10) 3try
Bowlling pin(V4)
The Checkerboard(V8) 2try



バターミルクの課題は岩のスケールがでかい。
岩の弱点を登る課題もあり下降に手こずることも。
周りに木とか無いし、岩が独立していたり。
チェッカーボードも1人でやってたら下降も大変だったなーと。




12日は午後からハッピーボルダーに移動しました。
出国前から気になっていた課題が、幾つかあったので後日の為の下見も兼ねて。

夕暮れ間近、少し気温も下がってきたので少し登る事に。
とあるランディングが悪い名課題。

1手目で左手リップ取りでフォール。
もう少し攻めれば登れた。
それと上部て落ちてもコントロールできていれば、危なくなく着地できる。

辺りが暗くなってくる。
少し焦り〜。
2日登っている疲れも感じてきていた。

ただ1回目の感じだと次でいけるな〜と。

2回目先ほどと同じリップへの1手。
左手を引きつけた瞬間手がすっぽ抜けた。

右側の段差の下にフォール…。



上でミスったらここが危ないと思っていた箇所に、ピンポイントでマットを配置しておいた。
少し危ないこの課題を、1人でトライする上での下準備は万全だった。
ただフォールした際、段差の岩の角に左足のくるぶしを当ててしまいました。
くるぶしに数センチの裂傷と、くるぶしからふくらはぎにかけて大きな擦過傷を負ってしまった。



軽い打撲はあったももの、1人で歩く事が出来たしその後の薬等の購入や手当もスムーズに出来た。

翌日である本日13日は、昼食がてらbishopの街を散歩してモーテルにて安静。

色々と準備をしてきた今回のツアーの事を考えると、とても無念な気持ちで一杯。
普通に歩く事は問題は無いけど、爪先に強く荷重する事。
後は高い所からの落下。
不意落ちして左足から着地するのは痛みが伴いそう。

自分の意思以外での左足への衝撃は、耐えられなそうな感じ。
まぁシューズを履いて岩に取り付いてみないと何とも言えないけど。
細かいスタンスへの荷重や、ハイボール。
今ツアーでバターミルクでのクライミングは絶望的かな。

下見をしたハッピーでのクライミングは、低い岩や簡単な課題も豊富なんで残りの期間はそこで楽しもうかと。



今冷静に振り返ってみるとこの程度で済んで良かったな〜と。
頭とかをぶつけていたら。
岩はへんぴな所にあったし、日暮れ後エリアには人もおらず。
ましてや海外。

もう1つはこの怪我は1つの警笛だったなーと。
ツアー前にあれこれ登りたい課題があった。
中にはスケールの大きな岩も。
昨日この課題を登っていたら、気持ちも上がっていただろう。

マットもレンタルする予定でいたし。
躊躇なくスケールのある岩に1人でトライしてたはず。

バターミルクレベルで20℃越えする気温にも悩まされていたけれど。
ナイト装備も持ってこなくて良かった。
喜んで夜中も登っていたはず。



自分の身体と手元にある装備で、できる事をやるしかないね。
ただそこを振り切らないともう一段階前には進めないんだよな〜。




残りの期間もあるんでできる限りやってみたいです。

フィックスチケット、宿の予約が無ければ間違いなく今日帰国していただろうけど〜。



明日登れそうたっだらエリアに行ってみまーす。









Bishop①

転職間休みでbishopに来る事が出来ています。

当初はパートナーと2人の予定だったが都合上単独になり。



成田からロス。
飛行機の時間は9時間ほど。

ロスからレンタカー。
5時間強。
広大な景色にを眺めながらのドライブは、長距離だったけど飽きなかったな〜。
街並みから荒涼とした大地。
途端バーガーショップやミニマーケットなどに立ち寄り、これぞアメリカって感じ。

bishop着20時前。
予約していたモーテルには管理人が不在。
ここにcallしてくれと番号が…。

携帯は使えないし、使えたとしても会話が…。
隣のGSに駆け込みスタッフにお願い、電話をかけてくれて説明をしてくれた。

こういうトラブルがあるとどっと疲れが…。
長旅の疲れもあり即寝るが変な時間に覚醒…。
次は時差ボケの洗練…。

翌日から岩場の予定。