リハクラ③

日曜日気になる課題があったので瓢に行ってみる事に。

上のエリアに行くのは何年ぶりだろうか。




到着すると空気がぬるい感じ。

1度良いコンディションを味わってしまうと贅沢になるね。




場所もおぼろげだったけど何とか岩の場所にたどり着けた。




IMG_2585_convert_20161110222147.jpg




破門。




幻の門を昔登登ったとき当時直上Pとしてこんなん登れるのか〜と 眺めていたものだ。



記憶していたほど高さは感じられなかった。

上部を軽くお掃除。

しかし上手い具合にホールドが続いている。

スケールがあって格好いい。



マットの準備などをしているとものすごい数の緊急車輌が下から登 ってきていた。

クライマーか登山者が怪我をして搬送されたらしい(後談)。



そんな事にはなりたくないな〜と思いつつ岩に取り付く。

数手のアプローチをこなし核心。

ホールドは良いけど足の位置と向きが悪い。

イメージしていたムーブを幾つか試したけど左のガバへの1手が出来ず。





フレーム-10-11-2016-10-18-34




川が近いからかやや湿度が高く感じる…。

悪いイメージが頭の中をよぎりマット外に落ちるのでは…。

なんて考えていると気持ちが折れ、

体にも力が入らなくなり終了。



気分転換にアンフェアに行ってみたけど体はやはり終了モード。

しかしこれも格好いい。




IMG_2587_convert_20161110222201.jpg




突如体が動かなくなったので心配していたが、 翌日の痛みもなく手首も順調に回復している気がする。

このまましばらくリハクラだな〜。




破門は気になるんでまたどこかのタイミングでやりに行こう!

スポンサーサイト

2016登り初め

年が明けて1月3日。


登り初めて行ったのは久々の瓢。

帰省ついでに登山や散策ではちょこちょこ行ったけど、ボルダーで訪れたのは久々。

年始豊田や恵那等迷ったけどホームの瓢へ。

今考えると、この岩場はクライマーとして成長させてくれた岩場だったと思う。

節目である今年はなんとな~く、瓢からスタートを切りたいと思った。



Joeさんから下流のエリアの情報をGet。

まずはTHE SUN。

これが小一時間迷った。

マットを担いで河原を行ったり来たり。

やっとの思いで到着。




IMG_2069_convert_20160109235749.jpg




想像以上の岩でテンションUP。

ひたすら歩き回ったせいで暑い。

あまりに暑いんで上裸でトライ。

FL逃したけど気持ちよく登れた。

この日の最古言う気温は15度ほどで3月下旬~4月上旬くらいだった、と帰宅して知る。




さらに下流へ移動。

狙っていた不知火。

フェースの中央に見事なライン。

こういうボルダーは良いな~。

数回やってコツが掴め初手をホールド。

握り込みが浅くモジモジして落ちてしまった~。



20160103133321(1)_convert_20160110000101.jpg



1月3日に上裸トライ。

たまには自撮りも良いね。

次でイケるかな~。

よく見たら右手がパッくり裂けていた…。

登りたい一心でトライするもダメ×。



その後トメクルーズを必死こいて登る。




久々の瓠は楽しくも厳しい。




岩場の後は魚道詣。

サワさんがにこやかにとても良い感じで迎えてくれた~。

joeさんとも、アラフォーコンビの復活を約束。

お子さんも随分大きくなっていて頼もしい。




久々~に温かいお迎えをしくれたのはとてもうれしかったな~。

感謝感激!



また地元が近くなるんで。

クライミングの新しい価値を模索していきたい。





不知火はまたリベンジ!

来週?行くよ~。



ちょっとバタバタが続いてまして。

日曜のフクベ。



門×→キナコ〇→ハッチ(探り探り)。



ってな感じでした。


久々にセッションめいたことをやって激筋肉痛です。

刺激を受けますね~。


100404 001


〈門〉


リーチかかってたけど持ち越しだな~。

見た目以上に強烈です。



下界は桜が満開。

フクベの桜もちらほら咲き始めた。

春だな~。

4月だもんね。







そしてしばらく休みます。





登れども

昼から。

下界は穏やかな気候。

フクベは暑くもなく寒くもなく最高のコンディション。


まずは右上する課題。

ウィモン?だったかな?



繋げてくると核心になる遠い一手で落ちてしまうね~。

あれこれ考えムーブを修正したらバッチリきまって登れました。

何度も味わう感覚だけどパズルを組み上げるようだね~。



100327001.jpg



最後は無重力でした。



で河原の岩へ。

夏場敗退した。




フリクション抜群で敗退した下部は難なくできる。

上が悪い。

凹凸を押さえ込んで這い上がりました。



100327002.jpg



〈ぽろり〉



これ夏は無理だね…。




で締めは魚道。


人工壁最高傑作に浮かれました。

ジムもおもしろいな~。

しかし強さのケタが違った。

地道に頑張ります。





OFF

フクベへ。

アンフェア行ったがびしょ濡れ。

最近周期的に雨が降るんで。

春の天気は変わりやすい。

もう一つの岩は更に乾きが悪いし。



久々に下流へ。

なんとなしに乾いてるんでトライ。

右上していく方。

上手く繋がらなかったパートもいい感じにこなせたし。

いけるかと思ったけどダメでした。


100320 001


〈右上〉


しかし暖かかったな。

朝10:30の時点で短パン上裸です。

桜も咲き始めてるし。

繋げてくると最後で落ちるね~。

まあ何とかなりそうです。

あまりハードなのはもう厳しいかな~。

フリクション的に。



毎回水を汲むんだけど瓢の水は美味い。

生き返ります。


100320 002


こういう自然はいつまでも残したいです。